株式会社ブレインコンサルティング 保科公認会計士・税理士・中小企業診断士事務所
BCブログ
 

« 東京スカイツリーOPEN | メイン

勘定奉行iシリーズ導入しました!!

皆様、こんにちは!!
ブレインコンサルティング清水です。

皆様にお伝えしたいことがあり、またまたブログを書かせて頂きました!!

先日は奉行iシリーズの購入、勘定奉行のOBC様との代理店契約についての
お話をさせていただきましたが、今回はその奉行iシリーズを早速弊社パソコンに
導入致しましたので、実際に作業してわかったメリット・デメリット等を
一部ご紹介させていただきます。

【メリット】
①見やすい・操作しやすい
⇒色もカラフルになり見た目もすっきりしております。毎日、作業したくなるような
パステルカラーになっていました。
 また、細かいことですが、旧シリーズでスクロール機能が使えなかったのに対し、
iシリーズでは使用可能になっており、操作性もUPしております。

②取引先の管理が可能
 ⇒現行の勘定奉行では、取引先の登録・管理はできませんでしたが、
iシリーズからは取引先の管理ができ、取引先別の帳簿等も出力できるように
なっております。
  取引先が多いお客様は、このソフトだけで、売り買いの管理ができ、
Excel等での管理が不要になります。

③出力できる帳簿が豊富
 ⇒帳簿の形式が自由に設定でき、目的・用途に応じた帳簿の出力が可能です。
社内会議用の帳簿資料も用途によって、出力できます。
  会計事務所・コンサル会社である弊社にとっては、色々な角度からお客様の財務状況を
分析でき非常にメリットと感じております。

④他の奉行ソフトと連携が可能
 ⇒給与奉行、償却奉行、申告奉行などと勘定奉行が連携できるようになっている為、
勘定奉行のデータを他の奉行へ読み込むことができます。各ソフトに設定をしなくても勘定奉行の
データを反映できるというわけです。
奉行ソフトを複数お持ちのお客様にとって、これは非常に手間が省けます。

⑤部門配賦が可能
 ⇒複数の部署をお持ちのお客様にとっては、部署ごとの経費の配賦が非常に簡単に
できるようになりました。家賃や水道光熱費などの全社で使用していて単純には各部門に
分けられない経費などを売上を基準に配布したり、人数を基準に配賦したりと、
様々な配賦パターンを登録できます。

【デメリット】
①動作が旧シリーズよりも遅くなる可能性がある
⇒パソコンのスペック等によっても違ってくるとは思いますが、古いパソコンで容量が
少なかったりすると動きが遅くなるようです。最新のパソコンですと、
問題なくサクサク動きます。
もし、導入されお困りのお客様へは、弊社のITスタッフが最善の解決案をご提案させて頂きます。

②設定項目が多い
 ⇒他の奉行との連携などができ、用途別の帳簿が作成できるのですが、
その為には多くの設定が必要です。一度設定してしまえば、後は簡単なのですが、
導入時には時間がかかります。
でも…ご安心ください!!その点についても弊社の税務・会計スタッフ、ITスタッフが
設定・運営等をサポートさせて頂きます。

と、長々とブログを書いてしまいましたが、弊社と致しましては、勘定奉行をiシリーズに
バージョンアップさせ非常に効率良く作業ができていると実感しております。
BCスタッフである私の個人的な感想と致しましては、部門配賦機能と他の奉行シリーズとの
連携機能が日々の作業で非常にメリットと感じ、用途別の帳簿出力は月次のご報告の際に
非常に効果的であると感じております。

会計ソフトの導入のご検討をされているお客様は、是非、一度ご相談ください。
お客様のご要望にあった会計ソフトをご提案させていただきます。

清水 奉行 001-1.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.braincon.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/177

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)